かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書

季節のお花(2019年)


8月
ユリ

ユリ
花言葉「美の競演」

白い花色と気品ある美しさ、一輪でも十分存在感を味わえるユリ。白い花色は眺めているだけで、怒りや苛立ちが抑えられ、清々しい気分になります。印象的な甘い香りは副交感神経に作用して、ホルモン分泌を促し、やすらぎとくつろぎを提供し、ロマンティックな雰囲気にしてくれます。食事制限などで精神的ストレスを起こしやすい時には、リビングのコーナーに飾ってみましょう。ユリを花贈りに用いるときは用途によって品種を選んで下さい。同じユリでもカサブランカやオニユリなどは精神を高揚させます。
(ユリ科)






7月
インパチェンス

インパチェンス
花言葉「自己主張」

アフリカホウセンカとも呼ばれ、長期間咲き続けることから花壇、鉢花として利用が増えています。暑さの中でも元気よく、一面に咲き誇ります。赤、桃、白色などの花色を眺めていると、体が温かくなり、元気が出てくるのを実感します。花が咲いた後は、まめに花がらを摘みとり、鉢の表面が乾いたら、水をたっぷりと与えましょう。写真の花は我が家の玄関先に植えたものです。
(ツリフネソウ科)






  
6月
マリーゴールド

マリーゴールド
花言葉「輝き」

マリーゴールドの独特のにおいは、心身のさまざまな不快を和らげます。また、花の姿は明るく、寂しさを忘れさせてくれます。ストレスを感じるとすぐに胃腸の調子が悪くなる人、上司に注意されると、胃がキリキリするという人などは、陽気な顔をしたこの花を眺めるとホッとし、おおらかな気持ちになれるはず。背の高いアフリカンマリーゴールドなら切り花として、玄関内やオフィスのデスクなどに。丈が低いフレンチマリーゴールドならプランターや鉢植えで楽しんでください。
(キク科)






5月
モッコウバラ

モッコウバラ
花言葉「やさしい手触り」

我が家の庭に咲いたモッコウバラは、例年より花の数が少ないように感じます。モッコウバラはトゲがなく、病害虫にも強く、育てやすいバラです。わが国への渡来は江戸時代前期といわれ、花枝の先に花径2〜3センチの八重咲きの花を多数つけます。その様子は、まるで子どもたちが仲良く飛び跳ねているようにも見え、気分が和み、微笑をさそいます。香りがない黄花、さわやかな香りの白花があります。
(バラ科)






4月
クロッカス

ローマンヒヤシンス
花言葉「辛抱づよい」

わが家の庭に咲いたローマンヒヤシンスです。わが家では、ローマンヒヤシンスの開花で春を身近に感じています。
オランダで改良されたボリューム感があるダッチ・ヒヤシンスのように華やかではありませんが、楚々とした花姿は落ち着きをもたらしてくれます。丈夫で繁殖力が旺盛なのも利点です。
茎が倒れそうになると、切り花にして玄関に飾り、香りを楽しんでいます。
(ユリ科)






3月
クロッカス

クロッカス
花言葉「妖精のようにかわいい」

雪の中でも妖精のようなかれんな花を咲かせるクロッカスの故郷は地中海沿岸から小アジア。寒風に吹かれながらもけなげに咲く姿は、強い生命力を感じさせ、見る人の心に響きます。がんばりすぎて疲れてしまったときに出合うと、自然に肩の力がぬけて、体が楽になるのを実感できるでしょう。春のクロッカスは観賞用に栽培され、花壇や庭に植えられています。秋に咲くクロッカスは「サフラン」と呼ばれ、薬用や染色に用いられています。「サフラン」は小アジア原産で我が国へは19世紀に渡来しました。淡紫色の花が咲き、めしべの鮮黄紅色の部分が、染色や着色剤として使われます。スペイン料理のパエリアなどでお馴染みの芳香料や着色剤です。
(アヤメ科)






2月
ロウバイ

ロウバイ
花言葉「慈愛」

半透明の花びらがろう細工のようで、花弁の色が蜜ろうに似ていることから命名されたといいます。鮮やかな黄色の小さな花が少しうつむき加減に咲き、香りは甘くさわやかです。華やかさと落ち着きの両極を持ち合わせた花姿は、不安感を和らげ、ホッと安堵感を与えてくれます。ロウバイは水揚げがよく、切り花にしやすい花木です。洗面所に一枝飾るとほのかな香りでリラックスできます。
(ロウバイ科)






1月
プリムラ

プリムラ
花言葉「フレッシュな気分」

プリムラは、「春の最初の花」という意味を持つサクラソウの仲間です。花の大きさは3センチ位から10センチを超える大輪種があります。花姿が愛らしく、花色は多彩で「花を育てるのはめんどうでいや!」と決め付けている人の心を変えてしまう花です。手がかからず、寒い冬でも比較的簡単に育てることができるからです。木々や花々に優しく接することは、人にもやさしくなれ、寛大なきもちで接することができます。どこか調子が悪いと、とかく消極的になりますが、プリムラは生きる喜びと、やる気を与えてくれます。
(サクラソウ科)

花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2019 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.