かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


4月1日(日)

3月中にサクラが満開となり、入学式の頃は八重桜が咲いているのではないでしょうか。 3月下旬は暖かい日が続き、ようやく寒い季節から解放された気分です。

今月の一枚は、奈良の大関清さん撮影の「レンゲソウ」です。故郷の家の前が田んぼだったことから、子供の頃はレンゲソウの花畑で遊んだものです。なつかしく写真を拝見しました。現在は化学肥料の普及によって栽培が激減していますが、場所によっては緑肥としての用途を大切にし、現在も栽培しているようです。茎や葉はヤギや牛が好んで食べ、栄養に富んだレンゲソウを食べた家畜は、乳の出がよくなるそうです。蜂蜜をとれる花としても知られていますね。

マイアルバムの「ムスカリ」の花は、毎年可憐な花を咲かせ楽しませてくれます。ムスカリは英名でグレープヒアシンスと呼びます。 庭の花も咲き始め、花の季節の到来です。




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2018 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.