かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


2022年8月1日(月)

8月7日は立秋。暦の上では秋ですが、残暑が厳しい日が続き、 一日中クーラーのお世話になっています。

コロナ感染者の数は増加傾向で、マスク着用、手洗いなど基本的な感染症対策 をしっかりやらねばなりません。

今月の一枚は、大関清さん撮影のノウゼンカズラの花です。
ノウゼンカズラはつる性の花木で、つるが他の木にからみつきぐんぐん登っていくことから「空に届く花」ともいわれています。
葉の間から鮮やかなだいだい色の花が咲いている姿を見ると、けだるさが一気に吹き飛び、エネルギーが満ちてくるのを感じます。咲いている場所で観賞したり、落下した花を涼しげな器に浮かべ、食卓などに飾ってみてください。
夏の青空によく似合い、暑さを忘れさせてくれるでしょう。

マイアルバムには、カラディウムを掲載しました。
熱帯南アメリカ原産でサトイモ科の観葉植物です。我が家の玄関先に飾ってありますが、白と緑の葉色が涼しさを運んでくれています。まだ暑い日は続きますが、今月末には涼風が吹き始めるのを心待ちに、この夏を乗り切りたいと思っています。




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2022 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.