かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


2022年5月1日(日)

ゴールデンウィークを迎えました。まだ、コロナ感染の油断はできないと心配で、連休中は家の片付けをしたりして、外出はしないことにしました。

暦の上では5日が立夏です。気温の高い日が多くなり、特に5月の紫外線は強く、日焼けの原因になりやすいので、日傘が手放せない時期になりました。

今月の一枚はスズラン。ヨーロッパでは、幸福のシンボルとして親しまれているスズラン。甘くさわやかでスッキリとした香りには、イライラを解消し、血圧の安定に効果的といえます。愛らしい花姿に魅了され、触れてしまった時は、有毒成分が含まれておりますので、必ず手を洗うようにして下さいね。

マイアルバムには、我が家の庭に咲いたモッコウバラ(花言葉やさしい手触り)を選びました。
モッコウバラはトゲがなく、病虫害にも強く、育てやすいバラです。子供たちが仲良く、元気よく飛び跳ねているようにも見え、気分が和み、自然と微笑みが。 モッコウバラの種類には、香りがない黄花と爽やかな香りの白花があります。




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2022 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.