かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


11月1日(木)

朝晩は急に温度が低くなり、あわてて暖房器具を取り出しました。日中も家の中にじっとしていると足元から冷えてくるのがわかります。この冬は暖冬傾向という予報が出されましたが、カレンダーが残り2枚となると寂しい気持ちになってしまいます。

今月の一枚は、大関清さん撮影の「ススキ」です。 花穂の姿が獣の尾に似ていることから「尾花」ともよばれています。秋の七草のひとつでススキの花穂の移ろいで深まりいく秋を実感します。ススキの生命力の強さは、山火事などの後、一番先にススキが生えてくることからもわかります。

マイアルバムには「オリヅルラン」を掲載しました。 昨年の大雪の際、すべて枯れてしまいがっかりしておりましたが、細い茎が出て、そのまた新しい株を作り、写真のように成長しました。植物の生命力の強さを感じました。




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2018 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.