かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


2019年4月1日(月)

家の前のコブシの木に白い花が数輪咲いています。昨年秋に枝を伐採しているのを見かけた際、短く切りすぎているように感じたので、つい「そんなに切ってしまって大丈夫?」と声をかけてしまいました。その心配は無用だったようで、花は見事に咲いてくれました。
古くから人々は、コブシの開花で農作業を始める目安とし、花の向きで豊凶を予想したそうです。自然界の動きを敏感にキャッチしていたのですね。

東京では、3月27日にサクラが満開になりましたが、今月の一枚に掲載した大関清さんから送られた写真にはびっくりしました。
花のパワーに圧倒されてしまいました。
マイアルバムに掲載した写真
は、我が家の庭に咲いているムスカリの花です。
ムスカリはギリシャ語で「じゃ香」を意味する言葉だとのことです。つぼ形の花を下向きに総状につけ、英名でグレープヒヤシンスとよばれています。
4月は花の季節です。次々と顔を出す花たちと共に、明るい気持ちで生活したいものです。




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2019 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.