かたぎりよしこの花療法お問い合わせプロフィールホームホーム
花療法とは 季節の花 今月のひとりごと 著書


2019年2月1日(金)

2月4日は立春とはいえ、一番寒い時季です。加えて雨が少ないため乾燥し、インフルエンザが大流行しています。外出時はマスクをし、外から帰ると手洗い、うがいをしっかり行い、睡眠、食事などにも気を使っていますが、どこから侵入してくるかはわからず心配です。混雑した場所への外出を控えていますので、気分転換がうまく出来ない状況です。

そんな折、奈良の大関さんが「ホオズキ」の写真を送ってくれました。撮影した場所がいかに寒いかは、写真から伝わってきますが、子供のころから親しんだホオズキにホッと心が和みました。

我が家の玄関先には、アンスリウムの仏炎苞がきれいに色づき、主が育てているランの花が咲き誇っています。(マイアルバムに掲載)




花療法、花セラピー、花の気療法は登録商標です。無断で使用できませんのでご注意ください。
・かたぎりよしこの/花セラピー(31類41類)
・花セラピー(16類)
・花療法(16類26類31類)
・花の気療法(16類)
・花療法研究家片桐義子(41類)
・かたぎりよしこの花療法(41類)
法律上の注意事項と商標についてはこちらからご覧になれます
このページで提供する情報、情報の利用(使用)、情報へのアクセスについて、その全部あるいは一部を問わず、
無断で利用(使用、再生、複製、複写、販売、再販売など形態のいかんを問いません)することは出来ません。
Copyright (C) 1992-2019 YOSHIKO KATAGIRI. All rights reserved.